本文へスキップ

iPhoneの機能を昔と今で比較しよう!

iPhoneの機能を昔と今で比較しよう!

iPhoneの機能を昔と今で比較しよう!

初期iPhoneの機能
日本で最初に発売されたiPhoneと言えば2代目のiPhone3Gですが、そんなiPhone3Gになったことで変化したのがGPSチップの導入でした。これによって、位置情報を今まで以上に取得しやすくなったため位置情報を利用して使用するアプリなども一気に増えていきました。次の機種であるiPhone3GSでは、今はiPhoneには搭載されていて当たり前とも思われている機能であるビデオの撮影機能や音声コントロール、デジタルコンパスなどが搭載され、iPhone3Gよりも処理速度が速くなった点やバッテリーの寿命が延びるなどの変化がありました。

iPhone4が登場したころから、iPhoneのOSであるiSOもiOS4が誕生しましたが、このバージョンになったころから、複数のアプリを同時に動かすことができる機能であるマルチタスクや、多くなったアプリなどを整理するのに便利な機能であるフォルダ分け機能なども利用することができるようになりました。

4の次の機種であるiPhone4Sはスティーブ・ジョブズ氏の遺作とも呼ばれる機種です。このころになると、Apple社のクラウドサービスとして現在では認知されているiCloudも利用が開始されました。また、現在ではiPhoneにある機能として多くの人が知っているSiriと呼ばれる音声を利用する言語処理システムなども登場しました。


《iPhone関連 管理人推奨サイト》
機能性が高いiPhoneは、長く使い続けられるスマートフォンの一つです。iPhoneの故障などに困った場合は、こちらのサイトを参考にしてみてください >> iPhone